タイム技研株式会社




代表挨拶/経営理念

GREETINGS
PHILOSOPHY

代表挨拶


代表取締役 社長

河原 好美

世の中にある技術で、
まだ世の中にない製品を―。
生活を豊かにする
「付加価値」
を創出することが、
私たちの使命です。

タイム技研は、給湯器・暖房機に用いるガス制御部品の開発と生産を手掛けるメーカーとして、1978年に創業いたしました。以降、水制御や電子制御分野へとフィールドを広げ、2004年にはドイツのシーメンス社と総代理店契約を締結し、海外企業向けの輸出・生産事業も展開しております。

現代の一般生活において、すぐにお湯が出る、どんなときでも快適な温度で入浴できるといった環境は、当然のこととして捉えられがちです。しかし、かつては薪でお湯を沸かしていた時代がありました。やがて給湯器が誕生し、さらには全自動化へと発展していきます。生活や産業の基盤となるライフラインは、いわば技術の進化と積み重ねによってもたらされた「豊かさ」でもあるのです。
だからこそ私たちは、「ものづくりとは、みなさまの生活を幸せにするためにある」という信念を、何よりも大切にしています。

当社は製造だけでなく開発部門にもリソースを注いでいますが、その目的は革新的な「技術」そのものを生み出すことではありません。世界に存在するあらゆる技術を駆使してお客様のニーズに応え、そこに「付加価値」を創出することこそが、タイム技研の使命と考えます。
エンジニアはそのための鍛錬を日々行っており、結果、開発の過程において新たな技術を生み出すなどの実績も収めております。

タイム技研は、100年、200年と続いていく企業であるために、これからも挑戦と発展を続けてまいります。
お客様や提携企業、ユーザーのみなさま、さらには社会全体が「タイム技研と関わることで、いい人生になった」と感じていただけることができたのなら、それこそが私どもにとって望外の喜びです。
経営理念